本文へ移動

狙いと現状

AM技術による3Dプリンティング事業の取組み

私たちはお客さまのグッドパートナーをめざします。

狙い

ネットワークを活用したものづくり

狙い
「with CORONA/after CORONA」を見据えて自動車のEV化・IoT・AIといった産業構造の変革に対応するべく、これまでの切削加工といった製造技術とは全く違うAM(付加価値製造)技術に挑戦します。

AM技術の現状

AM技術の現状
AM(Additive Manufacturing)は、3Dプリンティングでの積層造形技術による製造方式のことを指す言葉です。
樹脂のAM市場は製造業界において、かなり成熟した状況と予想されますが、金属市場ではAM技術はまだ発展途上といった状況(2014年ごろからの動向)です。
TOPへ戻る